NEWS & BLOGニュース & ブログ

20年後も変わらずいいね!今だからこそ、前撮りの魅力を伝えたい

  • PICK UP
  • 2021.01.13

一生の思い出を大切な人とゆっくり時間を掛けて撮影することができます。

今まで育ててくれた親御様、大好きな祖父母、お世話になった方々や新しい家族など、大切な人との写真をゆっくりと撮影でき、撮影したときのことも一生の思い出に。その写真を見るたびに、すてきな記憶がよみがえり、絆が深まっていく。

式当日に着用することが出来ない和服姿(和装)やドレス姿でモデル気分が味わえる

「和装を見たい」というご家族の願いをかなえたり、「本当は着たかった」と後ろ髪を引かれたドレスを着るなど、結婚式当日とは違った衣裳を満喫できることも! いろいろなポーズや映画のワンシーンのような雰囲気たっぷりの写真なども思いのまま。

事前に撮影しておけば結婚式のアイテムとして大活躍できます

式当日とは違った衣裳やロケーション写真でウエルカムボードやプロフィールパンフを作ったり、演出ビデオの映像に盛り込むなど、ゲストを驚かせる演出ができる。ミニアルバムを親にプレゼントしたり、プチギフトにも写真を活用。

希望する時期やロケーションで撮影できる

専用の広大な敷地だけでなく、海や森、街中、さまざまなシチュエーションで撮影できるのも魅力。ふたりの思い出の場所や地元の名所を背景にしたり、桜やモミジなど季節感を取り入れたりといった撮影も人気。場所や時季・時間によって撮影できるバリエーションも広がり、ますますオリジナリティやクオリティを追求できるようになっています。

カップルの約67%が実施しています

実施率は、年々少しずつ増えてきています。卒花の皆さんがなぜ、前撮りをしたのか、その理由は次の通り。

【前撮りを行った理由】
1位「当日と違う衣裳が着られる」 61.1%
2位「和装で撮りたかった」 54.2%
3位「当日ウエルカムボードとして使うため」42.1%
4位「ゆっくり時間をかけて撮影したかった」38.5%
5位「結婚式以外のシーンで撮りたいイメージがあった」37.3% 

卒花さんの声を参考にすると、「たくさん衣裳が着たい」「時間をかけて満足のいく写真を残したい」という人は、前撮りを検討するとよさそう。ちなみに、他にも「メイクリハーサルになる」「撮影自体が楽しそうだった」などの理由も挙げられていました。
前撮りには、記録を残すという目的だけでなく、結婚式のような幸せな時間が増えるという魅力もあるようです。

「新型コロナウイルスの感染症予防に関してのお知らせ」

アルカディアグループでは皆様の安全を考慮し、新型コロナウイルスの感染症予防に対し下記の安全対策を行っております。

① 当館ではウイルス殺菌に効果が高いといわれている「次亜塩素酸もしくはアルコール」を入れたスプレーを各披露宴会場、打合わせサロン、お手洗い、ラウンジ、搬入口等に設置し、扉、ドアノブ、手すり等は定期的な清掃消毒を実施しております。
② 従業員に関しましては、こまめな手洗い・うがい等を実施、発熱のあるスタッフに関しましては、出勤停止を徹底しております。
③ お客さま並びに従業員の健康と安全を考慮し、スタッフはマスクを着用させて頂きますのでご了承ください。

皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

ORDERMADE FAIR by Arcadia wedding
理想の結婚式を求めているあなたのために
「お好きな時間」に「自由に組み合わせ」
おふたりの希望を叶えるブライダルフェアをご用意しております。
フェア予約