NEWS新着情報

【予想を超える結婚式を。】結婚式でこれから始める人生を豊かにする。

結婚式とは、お二人が歩いてこられた路や

まわりの大切な方々が色濃く映し出されます。

 

一人ひとりの人生が同じでないように

どの結婚式も一つとして同じものはありません。

 

結婚式とは予想を超えるパワーを持っています。

お二人はもちろん、ご両親やご友人をはじめ

招待された沢山のゲストの皆様をも

一瞬で幸せにしてしまうようなパワーを。

結婚式後、これからスタートするお二人の人生。

幸せいっぱいな時もあれば辛い時も訪れる。

だけど、それを盛り超える力や、

転んだり立ち止まっても

また前に進んでいく力をくれる。

そんな結婚式をお届けしたいのです。

結婚式でこれから始める人生を豊かにする。

そのために“予想を超える結婚式”をお届けする。

私達アルカディアはこの信念をもとに、

お二人だけの結婚式をご提案いたします。

ご家庭や会議でもグランアワ ーズの味を。北海道・贅沢食材のお弁当、はじめました。

ご家庭や会議でもグランアワ ーズの味を。

 

赤身が美味しい北海道の国産牛のブランド、 「美深牛」を贅沢に厚切りステ ーキに仕立てた、ちょっと贅沢なグランアワ ーズのお弁当がてきました。こんな時期だからこそ、少しても美味しく幸せな気持ちになってもらえるような、そんな気持ちを込めてひとつひとつ丁寧に作っております。

 

大切な方々のおもてなしへ、会議のおともに、頑張った自分へのご褒美に。

 

様々なシーンご堪能でいただけると幸いてす。

美深牛のステ ー キ弁当 2,800円(税抜)

 

◆美深牛ロースグリルステーキ

◆本日の冷静サラダパスタ

◆ガルニチュール

◆サーモンと帆立貝柱のスモーク

◆トリュフポテト・温野菜

◆北広牧場生乳パンナコッタ

◆生ハムシーザーサラダ

 

1個からご注文いただけます。

店頭受取か配達(5個以上から)を選べます。

 

お支払い方法:クレジットカード、現金

店頭受取の場合のみクレジット可。宅配は現金のみ。

 

要予約2日前まで

 

2日前 (19:00)までのご予約が必要です。 50個以上は5日前(19:00)までのご予約が必要です。

福岡市内

「夫婦」を「ふうふ」に。結婚の自由と家族について考えよう

『性別にとらわれず、すべての人が愛する人と結婚できる社会へ。 そして、そんなふたりを誰もが祝福できる日本にしたい』そんな願いをアルカディアは応援しています。

 

『性別にとらわれず、すべての人が愛する人と結婚できる社会へ。 
そして、そんなふたりを誰もが祝福できる日本にしたい』
そんな願いをこめ、本キャンペーンを通じて日本のすべての人にメッセージを届けます。


この動画が同性婚や結婚の自由について、周囲のご家族やご友人とお話ししたり、考えるきっかけになれば幸いです。

少し長いですが是非最後までご覧ください。
結婚式の素晴らしさがギュッと詰まったものになっています。

「いいふうふの日」オリジナル動画はコチラ

ご両親の「幸せになってほしい」という想いを、
ゲストの方々の「お祝いしたい」という想いを、
おふたりの「この人と新しい家族を作っていく」という決心を、
そんな思いを伝え合う場所。
それが『結婚式』というものだと考えています。
そしてそれは性別を超え、全ての人が持つ権利だと。
 
私たちアルカディアは結婚式を挙げたい・気持ちを伝えたい全ての人たちを応援します。

なお、本動画企画は、「結婚の自由をすべての人へ」という一般社団法人Marriage For All Japanの想いと、
幅広い人に結婚式という機会も提供していきたい、という協賛社との想いとが結ばれ実行できた企画となります。
【協賛各社(五十音順)】
株式会社アルカディア、 株式会社 鳥善、 株式会社賑屋、
株式会社ジョイン、株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ、
株式会社マリアージュ(甲府)

vol.2 新郎さま新婦さまに支えられて~ プランナー・南川の想い

12年間、笑顔で責任を背負い続ける

 

vol.1でご紹介したコンセプトウェディング“irodori”。このゲストを彩り豊かに祝福する結婚式を手掛けたのはどんな人物だったのでしょうか。

今回は、福岡・天神の式場QUANTIC(クアンティック)でこのウエディングパーティーを担当したゼネラルマネージャー・南川舞子の結婚式にかける想いをお伝えします。

彼女は新婦・なおみさんをこのように振り返ります。

「なおみさんは人のことをよく考えて、人のために行動できる方。だから、今まで自分たちが歩んでこられたのは皆さんのおかげだと、強く感じていらっしゃいました。もちろん、コンセプトなんてどうすればいいのかわからないという方も多いと思います。そんなときは、お二人の想いをお聞きしてご提案させて頂いてます。大切なのは結婚式の先にあるものですから、それをお伝えできるように」

今年でプランナー歴12年目となる南川。小学生の頃にはCAを目指していたとか。英語が苦手だったために断念したものの、人と笑顔で交流する接客業に興味を持っていたことから、高校生のときウェディングプランナーを目指すように。ブライダルの専門学校を経て、The ARCADIA Inc.に新卒で入社しました。以来、プランナーとして約800組の新郎さま新婦さまをサポート。現在はグループ全体のプランナーを統括し、親しみやすい人柄で後輩たちを懸命に引っ張っています。

 

「南川さんがいつも笑顔で打ち合わせをしてくれたから、本番まで準備を頑張ることができた」というありがたい言葉を新郎さま新婦さまから頂くことも多く、本人もそう言ってもらえるようなサポートを心がけています。

 

しかし、本人が告白するところによると、実は表に出さないだけで悲観的になることもよくあるのだとか。

 

ベテランプランナーとしてお客様はもちろん、仲間の前でもそんな姿を見せることはありませんが、新郎さま新婦さまの大事な一日を担うことに強く責任を感じ、うまくいかないときには落ち込むことも少なくないようです。重圧を感じる日々を彼女はどうやって乗り越えているのでしょうか。

「子どもに舞子と名付けたい」

「うまくいかなくて失敗したとき、ありがたいことにスタッフに恵まれているなぁと改めて思います。いい結婚式を創りたいと考えているスタッフが多くて、自分ができないことはお互いに頼って協力し合える関係なんです。結婚式は一人では創れませんから。それに、新郎さま新婦さまに助けられることもあるんです!」

南川は少し興奮ぎみに話してくれました。実はこれ、“プランナーあるある”なんです。

「辛いとき、後押ししてくれるお客様が不思議と現れるんですよ。だからこの方たちのために頑張ろうと思えるんです。特別な言葉があるわけじゃなくて、いろいろ頼ってくれたり、ただ楽しく会話ができたり。こちらの勝手な解釈かもしれないですけど、支えてもらっているなと思ってしまいます」

では、普段は新郎さま新婦さまといったいどんな会話をしているのかと問えば、大切にしているのは雑談。ご家族のこと、ご友人のこと、お仕事のこと。とりとめのない会話から二人の想いを知ることができ、また本人も気付かなかった想いを引き出すこともできるのです。

新郎さま新婦さまとプランナーのお付き合いはわずか半年ほど。でも、結婚式当日を迎えるのは楽しみでありながら、寂しさも感じるようになるとか。

新郎さま新婦さまもまたそんな南川を慕ってくださるようで、披露宴の会場から出てきたとき、新婦が彼女の顔を見てはらりと安堵の涙を流されることも。

「『子どもが生まれたら、南川さんと同じ『舞子』という名前を付けたい』って。すごく嬉しかったです。そんなことを言ってもらえる職業はなかなかありませんよね」

結婚式は贅沢品?

年々変わっていくウェディング業界。それに伴って、プランナーも求められることがたった5年前と今を比較しても変わっていると南川は感じています。10年以上のキャリアを持つ彼女ですが、慣れに甘んじることなく、柔軟に対応できるようになんでも見て、聞いて、考えて、日々勉強することを怠りません。

「最近は結婚式を贅沢品と考える人も多いようです。ですが、自分たちのことを今一度しっかり考えて、新たな人生をスタートできるのが結婚式。The ARCADIA Inc.はスタッフの人間力が強みです。これを生かして新郎さま新婦さまの想いを式で表現していきたいと思います」

「結婚が決まったから、結婚式をやる」。世の中にはそんな流れがあって、形ばかりの結婚式が多いように見受けられます。結婚式の本分が見失われ、「式は挙げなくていい」と思われるのも致し方ない状況です。

さらに、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、結婚式を挙げることは今まで以上にハードルが高くなっています。だからこそ、結婚式をやる意味とは何でしょうか? Vol.1でお伝えした“結婚式の持つ力”が改めて問われているように思います。

人数が制限されて思うようにゲストを呼べなくなり、会場にはたくさんのアクリルボードが並べられ、結婚式そのものが変わっていくかもしれません。でも、お二人が幸せになりたいと思う気持ち、親御さんもまた幸せになってほしいと思う気持ちは昔から変わらないし、これからもずっと変わらないはず。

今こそ結婚式がその本質を取り戻し、生まれ変わるとき。私たちはそう信じています。

【コンセプトウェディング”とは?】私たちがこれまでプロデュースしてきたウェディングの「バックストーリー」や「想い」をここではご紹介していきたいと思います。

新郎新婦がゲストを祝福する結婚式“irodori”←特設サイトはコチラ

まず、The ARCADIA Inc.が手掛ける福岡・天神の式場QUANTIC(クアンティック)で私たちがプロデュースした結婚式を一つ、ご紹介しましょう。

2019年9月1日、新郎・ゆうたさんと新婦・なおみさんの結婚式は、まだ天神の町に夏の日差しがきらめく季節に執り行われました。

なおみさんには式を挙げるにあたって明確な想いがありました。それは、今までお二人がそれぞれの人生を歩んでこられたのは周囲の人々のおかげだということ。

振り返ってみれば、ご家族はもちろん、学生時代のご友人、職場の先輩や後輩など皆さんの支えがあってこの豊かな日々に繋がっていると、なおみさんは改めて心から感じられたのでした。晴れてお二人が結ばれる日にこれまでお世話になった感謝を伝えたい、そして大切な人々の人生こそ豊かで輝かしいものであってほしいと願う気持ちが生まれたそうです。

そこで、熟考の末に生まれたのが、“irodori”というコンセプトでした。

実は、これからお二人が一緒に名乗る名字は「金色(かないろ)」。この名にかけて、ゲストを色とりどりに染めることで、感謝と祝福の気持ちを表現したいと考えたのです。

真夏の香椎浜でまっ白のTシャツをキャンパスに、赤、青、緑、黄色といったペンキをみんなで塗り合いっこ(スタッフも参加!)。海まで響く笑い声で空間までもがポップに彩られて、まるで学生時代に戻ったかのようにキラキラとした時間を過ごして頂けたようです。

本来は披露宴で最も華やかであるはずの新婦のドレス。なおみさんが選んだのは、白のウェディングドレスとブラウンのカクテルドレスでした。
そして、テーブルを飾る装花はグレーにグリーン。決して派手とは言えない色たちを使ったのは、やっぱりゲストにこそ会場を彩る華となってほしかったから。

ブラウンのカクテルドレスと色鮮やかなゲスト

まずはゲスト一人一人への想いを込めた招待状をデザイン。シンプルな白い封筒に一通、一通異なる色を手描きでスッと一筋のせました。それは、お二人が宛名にあるゲストをイメージしたカラー。この試みは大成功でした。「こんなイメージだったんだと、もらったときは嬉しかった」「式に行く前からワクワクした」というお声を頂けたとか。

また、たくさんのゲストを呼んだために、式ではすべての人に直接感謝を伝える時間を作れないかもしれないと考えたなおみさんは、オープニングムービーの撮影会にご友人を招待しました。

“結婚式の持つ力”を発揮できる式を創る

「そもそもコンセプトって何?」と思われる方もいるかもしれません。

最近、ウェディング業界で流行している“コンセプトウェディング”。お二人らしいテーマやコンセプトを決めてつくり上げるオリジナリティのある結婚式のことです。でも、実のところ、私たちもまだその実体を捉えきれないでいるかもしれません。

確かに、ちょっと変わった目新しい趣向はインスタ映えもするし、多くのゲストに喜んでもらえるでしょう。だけど、私たちは流行しているからこれをやるわけではないのです。

コンセプトに沿って、新郎新婦と一緒につくり上げていくという点は一緒です。でも、The ARCADIA Inc.はただ結婚式をつくるのではなく、“結婚式の持つ力”を大切にしたいと考えています。

結婚式で新郎新婦が得るものは計り知れません。

お二人はたくさんの“気付き”を得て、大きく成長します。普段は照れくさくて言えなかったことを相手に伝えることでさらに成長します。また、伝えられた人々も成長するのです。そこから始まる次の人生のステージはどんなに素敵で豊かなものになるでしょう。

お二人が表現したいことを形にするために、私たちは“コンセプトウェディング”を行っています。言わば、結婚式の本分を全うするための手段の一つというわけです。

私たちも手探りではありますが、今できることを皆さんと一緒に考えるべく、これからスタッフ一人一人の想いをこのnoteでお伝えしていきたいと思っています。

 

(5社合同リリース)【参画会場名・連絡先】新型コロナウイルスで挙式を諦めざるを得なかったカップルへ  無料結婚式+披露宴一部費用負担

新型コロナウイルスで挙式を諦めざるを得なかったカップルへ『無料結婚式 + 披露宴一部費用負担』はじめます。

全国10都道府県のブライダル企業5社は合同し、新型コロナウイルスで挙式を諦めざるを得なかったカップルにむけ、202012月末の婚礼まで、所属の19の結婚式関連施設にて挙式を無料で提供する企画を、820日(木)より実施します。

 

【私たちの想い】

今回の新型コロナウイルスの流行を受け、結婚式に対するネガティブな想いが広がりました。それにより、挙式に対し前向きな気持ちで準備に臨めなくなってしまったカップルや、挙式を諦めてしまったカップル、挙式ができなくなってしまったカップルが生まれてしまっています。

私たちは婚礼に関わる企業として、結婚式は人生になくてはならない儀式だと考えています。結婚式でしか感じることのできない固い決意や、絆、それらの素晴らしさを、このタイミングだからこそ、私たちの力で発信していきたいと思っています。

 

 

by The ARCADIA Inc.

 

以下はその参画企業・会場・各連絡先となります

■参画企業・取材問い合わせ窓口(5社)

①株式会社アルカディア(本社:福岡県久留米市、代表取締役:大串 淳)
窓口:永田 TEL:0942-30-0606 MAIL:m.nagata@arcadia-group.co.jp
.
城山観光株式会社(本社:鹿児島県鹿児島市、代表取締役:東 清三郎)
窓口:ブライダル部 奥 TEL:099-224-5522
.
②ディライト株式会社 (本社:奈良県奈良市、代表取締役:出口 哲也)
窓口:広報 中村 優子 TEL:080-4936-4252 MAIL:y_nakamura@dlight.jp
.
④株式会社鳥善(本社:静岡県浜松市、代表取締役:伊達 善隆)
窓口:北野 TEL:090-8620-5380
.
⑤株式会社 藤屋(本社:長野県長野市、代表取締役:藤井 大史郎)
窓口:齋藤 TEL:026-232-1241

 

※順不同

■参画会場(19会場)

 

【福岡:5】
ロイヤルパークアルカディア
094-230-0606
 
.
GARDEN WEDDING アルカディア小倉
093-533-0606

.

太宰府迎賓館
092-555-5511
QUANTIC(クアンティック)
092-717-7200

https://quantic.asia

.
WEEKEND HOUSE(ウィークエンドハウス)
092-733-0690
.
【佐賀:1】
アルカディアSAGA
095-233-5600

https://www.arcadia-group.co.jp/as/

.
【熊本:1】
THE NEW hotel kumamoto(ザ・ニュー ホテル 熊本)
096-326-5001

 

.
【鹿児島:1】
SHIROYAMA HOTEL kagoshima(シロヤマホテルカゴシマ)
099-224-5522
 
【東京:2】
THINGS Aoyama Organic Garden.dth(シングスアオヤマオーガニックガーデン)
03-3470-3555
https://www.things-aoyama.com/
旧石丸邸GARDEN TERRACE HIROO(旧石丸邸ガーデンテラス広尾)
03-5860-2413
.
【長野:1】
THE FUJIYA GOHONJIN(ザ フジヤ ゴホンジン)
026-232-1241
 
.
【静岡:2】
THE ORIENTAL TERRACE HIDEAWAY(ジ オリエンタルテラス ハイダウェイ)
053-447-7177
https://wedding-theorientalterrace.jp/
LE GRAND MIRAGE(ル グランミラージュ)
053-445-0088
https://l-gm.com/
.
【奈良:3】
The Hilltop Terrace Nara(ザ・ヒルトップテラス奈良)
0742-27-0555
http://www.hilltopterrace.co.jp/
Iris Water Terrace Ayameike(イリスウォーターテラスあやめ池)
0742-40-0055
https://www.iris-ayameike.com/
ANDO HOTEL 奈良若草山(アンドホテル奈良若草山)
0742-27-0555(問い合わせはヒルトップテラスへ)
.
【大阪:2】
NAKANOSHIAM TERRACE #AND ME(ナカノシマテラス #アンドミー)
06-6233-8070
https://nakanoshimaterrace.com/
ROYAL GARDEN(ロイヤルガーデン 大阪梅田)
06-6458-0081
.
【兵庫:1】
THE EXCELLENT HILL’S kobe kitano(ザ エクセレントヒルズ神戸北野)
078-262-7177

 

 

 

【感染症拡大防止対策】お客様の安心・安全のために衛生管理に取り組んでおります。

スタッフは、毎日体温測定を実施しています。37.5度以上の発熱があった際は、衛生管理チームが指示・対応にあたっています。

スタッフは、お客様の安全及び公衆衛生を考慮しマスクを常時着用しています。

館内に、お客様用のアルコール消毒液を設置しています。

不特定多数の方が触れる可能性のある箇所(お化粧室のドアノブ、手すり等)は、アルコール(エタノール)消毒液による拭き取り清掃を1時間毎におこなっています。

館内は、通常換気または1時間ごとに10分間の換気に努めています。

お客様が使用されるテーブル・椅子は、入店・宴席開始前の消毒を徹底しています。